今日は、勉強をするにあたって、「最低限必要な出来ていないとダメなこと」について。

人によって能力差はバラバラで。

英単語をコツコツと単語帳を使って覚えるのが得意な人や、

雰囲気や感覚で覚える方が得意な人。

ひたすら書いて覚えたい人や、

とにかく耳で聞いて覚える人。

英単語の覚え方一つを取っても様々な覚え方があります。

ただ、勉強するにあたって「最低限出来ていないとダメなこと」もあります。

これが欠けている学生が多いことに、正直この一年間驚かされました。

例えば、「ここテスト出るよ。」と私が言えば、

学生が絶対にしないといけないことは

「教科書に付箋を付けたり、マーカーで色付けしたり、テスト勉強をする際に分かりやすくチェックを付けておくこと。」

これはどんなに頭がいい子であっても、お勉強が苦手な子であっても

授業を受けている学生は絶対にしないといけないこと。

他にも、

・教科書を持ってくる

・筆記具を持ってくる

・メモを取る

など当たり前のことが出来ない学生が本当に多いです。

これは、英語が出来ないとかのレベルの話ではない。

大学を卒業して、社会人になるのも大丈夫だろうか?と思うことが多々あります。

勉強をするにあたっての基礎が出来ていないから

勉強が出来ないのは当たり前。

英語を教えることよりも、正直こういった問題が気になっている今日この頃です。