昨日、本の話をしたので、本つながり。

昔から、幅広くいろんなジャンルの本は読むのですが

どうしても「村上春樹」さんは苦手です。

もちろん人気があって有名なのは知っているので、何回かチャレンジしてみるのですが

どうしても最後まで読み切ったことは一度もないです。

春樹ファンの皆様すみません。

残念ながら、私には彼の作品を読解する能力が備わっていないようです。

ロンドンにいたときに、本屋さんでよく「Haruki Murakami」フェアをやっていました。

サイン会とかも良くやってた気がします。

イギリス人にも日本出身だと言うと、

「Haruki Murakamiはサイコーだね!!」

と言われましたが、それに対して

「ごめん、全く好きじゃない。」

と答えると、

「君は日本人じゃない!」

と何回言われたことか。

全員がハリー・ポッター好きなわけじゃないでしょ、って毎回思いました。

そんな感じだったので、英語で村上春樹作品に挑戦してみましたが、

英語だと結局翻訳されているから彼の作品じゃない気がして、やっぱり完読できず。

それから2年経ち、図書館をうろうろしていたら「1Q84」が目に入ったので、

今さらながら借りて読んでいます。

村上春樹さんファン曰く、この作品は彼らしさがあまりないみたいなので、逆に読めます。

今読んでいるところだけど、人殺しと作家の日常が交互に繰り返されていて、何のストーリーなんだと思いながら読んでいます。

分厚い本で大きくない字で3冊あるんだけど、読み切れるか不安です。

今回こそは「村上春樹」の壁を乗り越えたいなと日々奮闘中です。