こんにちは☆

書店に行くと、たくさんの英語に関する本で溢れていて

それほど英語を勉強している人がいるんだなと、いつも思います。

その中でも、よく目にするのが「中学英語」という言葉。

日本では、ありがたいことに義務教育で英語科目があるので

中学校でたっぷりとお勉強することが出来ます。

それにもかかわらず、なぜこんなにも「中学英語」に関する本で溢れているのか。

まず一つ目に、「中学英語」でつまずいている人が多いから。

二つ目に、実際に英会話をするだけであれば「中学英語」で十分だから。

私自身、ロンドンで二年間働いていましたが、

正直、「中学英語」で事足りました。

友達とのコイバナから、お客様への接客、ちょうど大きな事件がいくつも起こったISのテロ問題にいたるまで。

簡単なトピックスから難しいものまで、ほぼ「中学英語」でまかなえました。

もちろん、より専門的に詳しい話をするのであれば、

より複雑な文法を使いこなせた方が良いし、

知的な英単語を駆使出来た方がいい。

でも話す相手が全員ネイティブスピーカーでないのであれば、

あまりに難しい文法や単語はかえって会話の妨げになります。

それほどまでに「中学英語」では、英語を使うにあたって必要な沢山のことを学んでいます。

「中学英語」が怪しいなと思う方は、ぜひ一度復習してみてください。