英語講師の仕事をしていて思うこと

 英語講師の仕事をしていると、生徒さん含め周りはみんな英語がペラペラだと思っています。もちろんそうあるべきだし、そうでないといけないと思っています。ただ、最近よく感じるのが、英語講師を翻訳機だと思っているのかな?ということです。

 特に英会話のレッスンをしていると感じるのですが、「○○って何て言うのですか?」という質問です。○○には何かしらの単語が入ります。例えば、「糖尿病」とか「活火山」など。正直、日本人と日本語で話していても使ったことがほぼないような単語を、全て英語に翻訳するのは無理があります。講師をしているのだから、知っていて当たり前だろうと思われるかもしれませんが、世界中に存在する全部の英単語を知っているから英語講師になったのではありません。

 また、多くのものが日本語に訳されているため、全ての日本語は英語に翻訳できると思っている点も大きな勘違いです。

 「いただきます」「ごちそうさま」は日本独特の文化なため、これに該当する英語はありません。しいて翻訳するのであれば「Let’s eat.」「It was delicious.」などでしょうか。

 翻訳されているものを原本と見比べてみると、大いに意訳されていることもあります。映画の字幕もそうですし、本もそうです。日本で起こったことが海外で報じられているニュースを見ると、なるほどこうなるのか、ということもあります。英語が出来ないから翻訳されたものを見るのはもちろんですが、実際に二つの言語で見比べてみると、全ての事柄がきっちり翻訳されていません。

 英語にない言葉は日本語にできませんし、日本語にない言葉は英語にできません。そのためにも日本語力を鍛えて、「言い換える力」を高めてほしいなと思います。