30代の頑張っている人たちへ

 30代になり20代と比べて、自分の気持ちも周りの環境も大きく変わっているなと感じます。どこが晩婚化で少子化なのだろうと思うほど、私の周りは結婚して子供が続々と産まれています。20代から30代に突入し、転職をして新しいスタートを切ったり、企業に勤めている人は役職に就いてきた頃でしょうか。後輩がどんどん増えていくといった声をたくさん聞きます。すでに自分の進むべき道を見つけて邁進している人もいるかと思います。一方で、今の自分のいるところに満足出来ていない人も多いのではないしょうか。いつもと変わらない毎日に新しく何かを取り入れたいと思っても、仕事に追われなかなかチャレンジできない人が多いのではないのでしょうか。

 そんな人に、少しでも楽しく素敵な生活にして頂けるように、私は英語を習得することをオススメします。言語の習得は、とても時間がかかりますし終わりがありません。英語講師として働いている私も日々、知らない単語と格闘しています。英語が自由に使えるようになると、お仕事もステップアップしやすいですし、プライベートも充実します。

 まだまだ英語が使えるだけで転職が有利に働く日本社会です。接客業においては英語だけでは足りず、中国語も必須になってきますが、大多数の企業では二言語を使えるのは有利に働くでしょう。私の周りでも30代に入り、平社員から役職に就く人が増えています。今までは全く英語が関係なかったのに、昇進するにはTOEIC600点以上必要などの状況に追い込まれている、という声も耳にします。仕事の能力はあるにもかかわらず、英語のスコアが悪いだけで昇進試験を受けられないという話を聞いていて、すごくもったいないなと思います。

 これからの10代は2020年に行われる英語教育改革により、何らかの英語資格を保有してきます。それに備え、すでに英語を習得している子たちも増えています。もちろん世代は違いますが、私たちが40代や50代になったとき、新しい仕事に就こうと思っても、昇進するにしても、きっと英語が足かせになってくると思います。これほどグローバル化が進む中、英語が出来ないという理由だけで今までのキャリアを失うことになりかねません。若い世代の当たり前が、私たちには備わっていないからです。

 英語が出来ることにより、今までの「当たり前」が簡単になくなりました。世界が近くなるのは、そんな「当たり前」がなくなった瞬間かもしれません。私たちがこだわっている多くの「当たり前」は世界では当たり前ではないことが多いです。年を重ねるにつれ、「当たり前」に重きを置きがちだけど、それは自分についての「当たり前」であって、決して大切なものではありません。英語に関する皆さんが思っている「当たり前」も、きっと自分だけのものさしで世界を見たときには「当たり前」じゃないと思います。それを私は2年間のロンドン生活で体験してきました。

 私はまだ30代が始まったばかりですが、30代をすでに生きている人も、少しでも自分の人生が彩り豊かに美しく輝くように、英語への勝手な思い込みや、自分で作ってしまった当たり前を壊してほしいなと思います。そろそろ英語へのハードルを下げていきましょう。絶対に出来るはずです。だって、こんな私でも出来たんだから。

 英語は音楽、スポーツ、絵、映像などと同じで、人とコミュニケーションを取るためのツールにしかすぎません。ぜひ使いこなして素敵な人生にしましょう。

子育てをしている人でも、仕事を頑張っている人でも、人生に悩んで不安を抱えている人たちも。

今からでも遅くない。きっと大丈夫。